2007年12月21日

結果、溜息、聖夜の前に。

 ようやく、体が調子を取り戻す。
 まだ微妙にぎこちないのは、きっと気のせい。

 …それと同時に、テストが帰ってくる。

続きを読む
posted by 久我 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語

2007年12月19日

戦い、傷、テスト。

 体が重たい。微妙に熱を持っているみたいだ。
 傷ついた組織が周りをぎゅうと引き寄せて、体中引き攣れている。

 それが集中できない言い訳。

続きを読む
posted by 久我 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語

2007年12月07日


 意識した恐怖は、理性で肥大化されていた。
 誤魔化し切れなかったのは、風船のような肥大した恐怖。
 悪夢のような幻影。
 立っている場所はどこだろう。
 檻の中なのに、俺は光の無い夜の森を作り出していた。


続きを読む
posted by 久我 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語

2007年12月06日

白閃

 できるものと引き換えに、できないものができるようになる。
 できるものができなくなって。
 できなかったことが、できるようになる。

 言い方を変えて、何度か頭で反芻した。
 要するに、嗅げなくなった。でも猫になれる。

 ジョブチェンジ前には、度々話題に出して笑っていたことだった。
 俺が、猫に変身する。
 でも猫の生態とか、生活とか、さっぱり知らない。だから変身できても変身しない。
 そうやって笑ってた。

続きを読む
posted by 久我 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語

藍空

 細く紡がれたより糸を、左右から強く引いてぴんと張る。
 少しずつ絡まりが崩されて、糸になる前に戻っていく。
 じりじり、じりじり。
 責め苦にも似た緊張感。


 冬の陽はとっとと身を隠してしまう。
 まだ夕方といえる時刻なのにとっぷり暗い世界。闇色のコップが夜にこぼされてしまった。
 明るくても怖い。暗いともっと怖い。そうやって外を見ているのも、怖い。
 外を一人で歩くのはもっと厭だ。絶対厭だ。怖い。
 後押しする恐怖で、適当につけられた薄いカーテンを力任せに引いて夜との境界線を創った。
 物語に怯える幼子のようだ。――不愉快。

続きを読む
posted by 久我 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語